收藏

2015冬新作 プラダ スーパーコピー二つ折り財布 サフィアーノ メンズ レディース 1M0523 UZF F0002編集

 美津子は栄介と肩を並べて歩きだしながら言った。 「運勢を見てもらっていたのさ。正月だからね」  栄介は弁解するように答え、 「どこへ行くんだい」  と尋ねた。 「すぐそこの喫茶店よ。知っている人がやっているの。お正月ですものね」  美津子は栄介の真似《まね》をして答え、ちらりと彼を見て笑った。 「年始まわりというわけか」 「まあそう言ったところね」 「パンサーは君がいないと困るんだろう」 「そうでもないのよ。私はアルバイトみたいなものだし」  美津子は表通りへ出ると右へ曲った。商店のほとんどはシャッターをおろしていたが、ひっきりなしに通る車のライトや街灯の光で、美津子が楽しげな微笑を泛かべているのが判った。  並んで歩いてみると、彼女の背の高さは栄介よりやや低く、フードのついた黒いマキシのコートを着ていた。コートの裏地は鮮やかな赤で、黒いブーツをはいている。 「そう。山岡君はもう帰ったの」  美津子は思い出したように言った。 「うん。おかげでひとりさ。だからあてもなくぶらついていたらあの易者に出会ってね」 「あの喫茶店よ」  美津子に言われて顔をあげると、黄色い看板が見えていた。
表示ラベル: