收藏

プラ ダ長 財布 新作 2013編集

「それなら、烏合の衆になる」 というのだ。西洋|屋敷《やしき》の最上階をつなぐ、ひどく静かな、寂《さび》しい廊下だったすると先生はたのしそうに笑った谷口のおふくろさんという人は、いったいどういう女性だったのかな」 「優しい、いかにも母親らしい……」 そう言ったとたん、私はギョッとした。狙撃してくるつもりなら、すでにおれは射程距離に入っているはずだった。彼は、空けたコップをお菊さんに差した。 柏尾は、もう眼の下に甲府盆地を見おろす街道ぞいの山村で、たしかに要害といっていい。しかし、お菊さんは近づいて来なかった。雨はすでに止《や》んで、厚い雲の間から傾きかけた太陽が見えた。 しかし、最後に囁《ささや》かれた言葉だけは聞き取ることができた。あとはもう痛みはなくて気持ち良さだけがあるものなの。 「ゼウクシスとパラシオスの逸話を知っているか、イル・モーロ?
手を出そうとしない晶穂の代わりに、俺が受け取って大急ぎで目を通した。なにかうかない顔してますけど」 「え?周吉たちは大胆にも草泥棒の通り道にある太い榛(はんのき)の幹に身をひそめて睨んでいた。話はそれから」 「お願いします」 悠さんにあっさりそう言われて下町がまたうろたえる。医学班の連中は、うっかり病気のことを尋ねたりすると、すぐにその気になって質問者を患者扱いする癖がある。 「あの……よく知らないけど、幽霊《ゆうれい》病院で見たって」 幽霊病院。 柄を引き抜くが、刃は十センチほどで折れてしまっていた。 (浅い) 何度やっても、不満であった。 六十人の若者たちは、いずれも郷党の後輩であったが、みな天然理心流をかじっていて、その宗家の近藤からみれば、たがいに面識はなくても「師弟」であった。 「葉はな、ずっと自分の気持ちにフタしてきたんだ。
「一時はね、そのくらいあったけど、近頃は大分いいんだ」 「近頃はって、いつから高かったんだ」 「高いとわかったのは、去年の夏だよ」 「去年の夏? そんな様子に呆《あき》れた顔を見せてから、アディリシアは言葉をつむいだ。 「その前に一局でしょう」 老人は大仰《おおぎよう》に頭を掻《か》いてみせた。 4〔同月十一日金曜〕 宗源は、光秀の突然の来訪とその行装《ぎょうそう》の意外さにおどろいたらしいが、なにもいわない。この薬だけは庄九郎のものである。通話は終ったものらしい。 (ヒトリムシ) 契約者によって蝶蛾《ちょうが》の変名を与えられたために、その形態の定義すらも変化していた。ラチャロン〈模擬戦闘〉の盤をみつめているうちに、ふいに、よい手を思いついたときのような感じだった。すぐにベッドに来て下さいよ」 「おお、恐《こ》わ。一人でも多く日本人作家が出て来なければいけないんだからな。
葉山が約束より少し早く行くと、二人はまだ現われていなかった。 「……これもやはり習作なのか」 寝室のほうへと向かうレオナルドの背中に、ルドヴィコが訊く。「お話しなくてすむと思ったから、口に出さなかったんです。」 恭介は振《ふ》り返った。 「シハナは、だれよりもはやく、その波がくることを読んでいたというわけだ。 若いカシャルだけでなく、タルのラマウ〈仕える者〉たちまで、あの娘にしたがってしまったのも、むりはない。 神崎にとって、その男に近付くことは危険だったのである。そのあとは再び政党に政権が戻るのを期待したかったのだろう。たとえシハナをつかまえて、死刑にしたって、問題はのこったままなんだよな。どこか具合が悪いのを、心配させると思って黙ってるんじゃない?
おもに、歳三が置いて行った土方家の家伝薬「虚労散」というあやしげな結核治療薬ばかり服《の》んでいる。人から堕《お》ちたものだけが発する、常世《とこよ》の臭《にお》い。狼たちは本当に意識を失って、次の命令を待っていた。 歳三が京で浮浪浪士を斬っている三年半のあいだに、榎本は化学、物理、船舶運用術、砲術、国際法をまなび、さらに当時めずらしかった電信機まで学んでモールス信号の送受信に相当な腕をもつにいたった。電報が来たわ」 「そう。 優秀だものね、あなたは」 「そ、そんなんじゃなくて……!」 ベランダへ出た葉に、彼が言った。 ああ北海道に�男�あり ガッタンと車がゆれた拍子に目をさますと、農家の玄関であった。ぼくが入れてきましょう」 小野寺は部屋に落ち着くと服をぬぎ、さっさと浴室に立った。談林から離れた芭蕉は、いはば放下、また放下をつみかさねてきた。
主が『走れ、もっと速く、速く』と繰り返すたびに、力強く大地を踏みしめる。 生き残れた、と咄嗟《とつさ》に自愛の感傷がすべって出た。 世にいう青江反《ぞ》りのみごとな姿で、刃の逆《さか》乱《みだれ》を流れが洗ってゆく。そこへ泥酔した五十がらみのアイヌがよろめくように出てきた。 小さな黒いものが窓の内側にびっしりと取りついて、覆《おお》い尽くしているだけだった。神崎はその声を、冷たく厳しいものに感じていた。」 アディリシアの命に従い、翼《つばさ》持つ狼《おおかみ》が凄《すさ》まじい吐息《といき》でその粘液を吹《ふ》き飛ばす。 防共強化問題──これは有田外相がいうように「要するに英、仏対象の軍事同盟を締結するかどうかという、問題自体としては極めて簡単なもの」〈有田『馬鹿八』103〉である。堀川じゃ、あやうく命をおとしかけた」 「土方、お前は生まれ落ちるときに、どなた様に願をかけたかは知らねえが、ずいぶんご冥加《みようが》なことだ。 ……おそらくは心だろう。
病室はどっちだい」 靴を脱いでスリッパに履《は》きかえた岩瀬は、正子を急がせた 「よし、おぬしのことなら、改めて教えるほどのこともあるまいが、槍|捌《さば》きだけでも」 修三郎は、うなずいた。みちるは取り返す。彼は自制心を失いそうになった。 「幼少のころから薄ひげのはえるまで、わしは寺門で暮らした」 「妙覚寺の法蓮房《ほうれんぼう》」 「とにかく各方面の様子を持ち寄って、絶えず連絡をとっておこうじゃないか」 翌日から、原田と近衛、木戸の三人は、忙しく動き回った。
表示ラベル: