收藏

プラダ長財布新作編集

(マークバイマークジェイコブス) MARC BY MARC JACOBS マークバイマークジェイコブス MARC BY MARC JACOBS M3PE093 スタンダードサプライ クラシックキュー Classic Q...
__22,50000
(マークバイマークジェイコブス) MARC BY MARC JACOBS マークバイマークジェイコブス MARC BY MARC JACOBS M3PE093 スタンダードサプライ クラシックキュー Classic Q... 
(フェラガモ) Salvatore Ferragamo サルヴァトーレフェラガモ 財布 Salvatore Ferragamo 224633 0549415 GANCIO ICONA VITELLO 長財布 NEW BISQUE...
__39,99000
(フェラガモ) Salvatore Ferragamo サルヴァトーレフェラガモ 財布 Salvatore Ferragamo 224633 0549415 GANCIO ICONA VITELLO 長財布 NEW BISQUE... 
(プラダ) PRADA プラダ 財布 PRADA 1M1132 UZF F0002 SAFF1ANO METAL 長財布 BLACK[並行輸入品]
__70,00000
(プラダ) PRADA プラダ 財布 PRADA 1M1132 UZF F0002 SAFF1ANO METAL 長財布 BLACK[並行輸入品] 
(コーチ) COACH コーチ 財布 アウトレット COACH F49163 SBWBK ペイトン シグネチャー ラウンドファスナー長財布 ブラックホワイト/ブラック[並行輸入品]
__14,81000
(コーチ) COACH コーチ 財布 アウトレット COACH F49163 SBWBK ペイトン シグネチャー ラウンドファスナー長財布 ブラックホワイト/ブラック[並行輸入品] 
(プラダ) PRADA プラダ 財布 PRADA 1M0523 UZF F0002 SAFF1ANO METAL 2つ折り財布 NERO[並行輸入品]
__52,80000
(プラダ) PRADA プラダ 財布 PRADA 1M0523 UZF F0002 SAFF1ANO METAL 2つ折り財布 NERO[並行輸入品] 
(サンローランパリ)SAINT LAURENT PARIS ラウンドファスナー長財布 344076-GIT1J-1059 [並行輸入品]
__58,01000
(サンローランパリ)SAINT LAURENT PARIS ラウンドファスナー長財布 344076-GIT1J-1059 [並行輸入品] 
 垣内幸子のことがわかったのは、矢野が新しいセーターを着て帰ってきたときだった。矢野はそれを自分で選んで買った、と言ったのだが、伸枝にはそれが嘘であることが、すぐにわかった。何種類もの色のまじった毛糸で編んだ、淡《あわ》い感じのモスグリーンに見える丸首セーターだった。矢野がそういう微妙で美しい色のものに眼を惹《ひ》かれる、というふうには伸枝には思えなかった。女の眼を伸枝はそこに感じとった。  問い詰める、という言い方にならないうちに、矢野はあっさり白状した。相手は三十七歳になる小料理屋の女で未亡人だ、という話だった。 『ただのセックスフレンドだよ。向うもそれは承知している。わかってくれよ。おれは男盛りだよ。厄介《やつかい》なことになる心配はないんだから……』  矢野は居直ったようすでそう言った。伸枝は、わかった、とは言わなかったが、黙認の態度をとろうと決めた。気持はさすがに穏やかではなかったが、騒ぎ出す気にはなれなかった。腹の上に置かれた義歯のせいだった。それが伸枝にはわかっていた。そして、夫の単身赴任を自分がひそかによろこんだのも、あるいははずした義歯に歯ブラシを当てたり、食事の後で茶を含んだまま、口をもぐもぐさせる姿を見なくてすむ、という気持があったせいかもしれない、と伸枝はそのとき考えていた。  矢野の遺体は、ベッドに寝かされていた。ナイトテーブルの上に、白と黄色の菊が供えられ、線香が煙を上げていた。花は小さな籠に活《い》けられていた。真新しい線香立てには、定価票を剥《は》がした後《あと》が残っていた。  八畳たらずのワンルームのマンションの部屋には、垣内幸子の他には誰もいなかった。伸枝を迎えた垣内幸子は、無言で深々と頭を下げた。伸枝はそれを無視して、まっすぐに遺体の前に行った。部屋に薄くたちこめていた線香の煙がゆらいだ。  伸枝はベッドの横に膝を突き、中腰のまま夫の死に顔に眼を注いだ。涙が溢《あふ》れてきた。電話でその死を知らされてから、はじめて落す涙だった。胸が痛くてならなかった。涙は堰《せき》を切ったようになっていた。濡れてぼやけた眼のまま、伸枝は線香をあげ、合掌《がつしよう》した。嗚咽《おえつ》が洩《も》れた。うしろで垣内幸子が洟《はな》をすする音がした。こんなところで泣くのはいやだ、と伸枝は思った。すると涙は止まった。  眼を拭いて、また夫の死に顔に眼をやった。ゴルフでよく陽やけした顔の艶《つや》さえ失われていなければ、まだ寝顔と見まがうようだった。薄くなった髪には、櫛《くし》が入れられてあった。  下唇のすぐ下にくぼみができていて、口の両端にも、八の字の皺《しわ》がのびていた。それが矢野の顔をいくらか年寄りくさく見せていた。義歯をはずしているせいではないか、と伸枝が思い当ったのは、しばらくしてからだった。  伸枝は手を伸ばして、遺体の下唇をひっぱるようにして、小さくめくってみた。義歯ははずされたままになっていた。そこにのぞいた小さな暗い空洞が、夫の死そのもののように伸枝の眼を打った。伸枝は唐突な怒りに襲われた。自分でもよく筋道のわからない、発作のような感情だった。 「入れ歯がはずれてますけど、どうしたんでしょうか?」  伸枝は首だけ回して、垣内幸子を見た。 「入れ歯ですか……」  垣内幸子は、一瞬、何を言われたのかわからない、といった顔を見せた。すぐにその顔に、当惑の表情が現われ、眼が伏せられた。 「入れ歯をはめておりませんのよ。発作のときにまさかはずれて呑《の》みこんでしまったわけではないでしょうねえ」  研《と》ぎすましたような冷たい表情が、伸枝の顔にはりついていた。垣内幸子は、眼を伏せたまま、そっと立ってベッドの横にやってきた。垣内幸子の手で、遺体にかけられていた蒲団《ふとん》が静かにめくられた。伸枝は、息の詰まりそうになるのをこらえた。  義歯は蒲団の中には見当らなかった。垣内幸子の手がすぐに伸びて、遺体の太腿《ふともも》の下をさぐった。その手が、義歯を中に握り込むようにして、そこから出てきた。彼女の手の端から小さくのぞいている義歯は、乾ききって光沢が失《う》せて見えた。
表示ラベル: